宮城県内 日中は5月上旬から下旬並みの暖かさ

カテゴリ:地域

17日の宮城県内は穏やかに晴れて気温が上がっています。日中は5月上旬から下旬並みの暖かさとなりそうです。

高気圧に覆われ、17日も県内は朝から晴れているところが多くなっています。

17日朝の最低気温は栗原市築館で氷点下0.9度など、放射冷却の影響で内陸では氷点下の冷え込みとなりましたが、この時間は日差しとともに気温は上がってきています。

午前11時の気温は気仙沼で20.4度、蔵王で20.3度など、すでに20度を超えているところもあります。

日中の予想最高気温は大崎市古川と白石で21度、仙台で20度など、平年と比べて5度前後高く、5月上旬から下旬並みの暖かさとなりそうです。

なお、高気圧が東へ離れる午後は薄い雲が広がりやすくなりますが、天気の崩れはない見込みです。