敏感肌向け保湿液を開発 秋田市の化学製品製造販売会社

カテゴリ:地域

 秋田市で化学製品の製造販売を手がける「ローカルパワー」が、敏感肌向けの化粧品ブランド「Pharmal(ファーマル)」を立ち上げた。

 

 開発された保湿液は、皮膚の保湿や柔軟性を維持する働きがあるとされる物質「植物性セラミド」に加え、肌荒れの治療に使われる薬用成分「ヘパリン類似物質」を配合しているのが特長。着色料や香料、アルコールなども使わず、刺激の少ない、安全性を重視した商品作りを目指したという。

 新商品の発表会見で、ローカルパワーの寺田耕也社長は「赤ちゃんでも使えるような非常に安全性が高く、さらに効果が高い商品。乾燥など肌の悩みを抱えている人に届けばいいなという思いで作った」と話した。

 肌につけた時のべたつきも少ないということで、女性だけでなく、男性のひげそり後のスキンケアにも使ってほしいと話している。

 「肌想いのうるおい保湿液」は、秋田市や横手市など秋田県内13店舗を含む全国の、薬剤師がいる調剤薬局で4月18日から先行販売される。一般販売は、5月15日からで、皮膚科や小児科などがある医療機関への販路拡大も目指す。