南種子町長選挙に5人が立候補 過去最多か 鹿児島

カテゴリ:地域

任期満了に伴う南種子町長選挙が16日告示され、これまでに、過去最多とみられる5人が立候補しています。

南種子町長選挙に立候補しているのは、届け出順に現職で3度目の当選を目指す名越修さん、元職で4年ぶりの当選を目指す梶原弘徳さん、新人で元町議会議員の日高澄夫さん、新人で元副町長の小園裕康さん、新人で元町議会議員の西園茂さんのいずれも無所属の5人です。

各候補者は農林水産業や観光の振興、少子高齢化対策の充実などを訴えています。

立候補の届け出は16日午後5時で締め切られ、町の選挙管理委員会によりますと南種子町長選挙での5人の立候補は過去最多とみられています。

南種子町長選挙は今月21日に投票が行われ、即日開票されます。