ミズバショウ可憐に咲きそろう 秋田県仙北市の刺巻湿原

カテゴリ:地域

 春の便りが山間に届いている。秋田県仙北市でミズバショウが見ごろを迎え、湿原に咲く可憐な花々が多くの観光客を楽しませている。

 

 秋田県仙北市田沢湖の国道46号線沿いに広がる刺巻湿原では、3ヘクタールに約6万株のミズバショウが、暖かい日差しを浴びて咲きそろっている。

 黄色い花を包み込む白い苞(ほう)と鮮やかな緑の葉の美しいコントラストが、訪れた人を楽しませている。

 4月は気温の低い日が続き成長は遅れ気味だが、16日までに全体の7割が開花している。

 静岡から訪れた3人組の女性たちは「人生最後の旅行。尾瀬にも何度か行きましたけどこれだけの群生はすごい」と興奮気味に話していた。また、神奈川の夫婦は「こんなにいっぱい咲いたのは初めて見た。楽しませていただきました。春が来ました」と喜んでいた。

 開催されている「刺巻水ばしょうまつり」は2019年に25回の節目を迎え、5月4日は初めてキャンドルでライトアップする。