再発への賠償めぐるB型肝炎訴訟 高裁が一審判決取消で患者2人が逆転敗訴 弁護団は上告の構え 福岡市

カテゴリ:地域

集団予防接種によるB型肝炎患者の救済を巡り、20年以上前の最初の発症ではなく、再発時を基準に損害賠償を求められるかが争われた裁判で、福岡高裁は患者側が勝訴した1審判決を取り消しました。

この裁判は、集団予防接種が原因で20年以上前にB型肝炎を発症し、治療で症状が治まった後に再発した福岡県内の男性2人が、救済のための給付金が減額されるのはおかしいとして訴えていたものです。

2人は最初の発症から20年以上が経過し、請求できる期間を過ぎていましたが、再発の時点を基準にすれば期間内だと主張。

一審の福岡地裁は訴えを全面的に認め、国にそれぞれ1300万円あまりを支払うよう命じましたが、国は不服として控訴していました。

15日の判決で福岡高裁は、再発の前後を問わず肝炎は同じウイルスに対する反応であることは変わらず、いずれも請求期間を経過しているとして、一審判決を取消しました。

患者のひとりは「最高裁までやるしかない」とコメントし、弁護団は上告する構えです。