五輪合宿誘致で地域活性化に貢献! 銀行に内閣府表彰

カテゴリ:地域

 県内の自治体と連携して東京オリンピックの際の事前合宿の誘致を進め地域経済の活性化に貢献したとして北都銀行が国から表彰された。

 

秋田県に本社を置く北都銀行は、タイと経済やスポーツなどを通じて継続的な交流を進めている。

その経験を生かし、北都銀行は秋田県美郷町とともに2020年の東京オリンピック・パラリンピックの際の事前合宿の誘致を進め、美郷町がタイのバドミントンチームの事前合宿地に決定した。

 合宿の誘致決定後美郷町では、更なるインバウンド誘客の促進やタイとの教育面での交流が進んだことから、北都銀行は「地域経済の活性化に貢献した」として15日国に表彰された。

 表彰式に出席した同行の伊藤 新頭取は「2年連続の表彰で銀行うれしい。ここ数年地方創生に力を入れてきたことが評価されたと思う」と話し、受章を喜んだ。

 北都銀行は今後もさまざまな取り組みを通じて地域経済の活性化に貢献していきたいとしている。