阪急正雀駅のホームで女性が電車と接触し死亡 事故と自殺の両面で捜査

関西テレビ カテゴリ:地域

17日、大阪府摂津市にある阪急正雀駅のホームで女性が通過中の電車に接触し、死亡しました。

警察は事故と自殺の両面で捜査しています。

午前7時40分頃、阪急電鉄正雀駅の下りホームで通過中だった快速急行電車の側面に女性が接触しました。

救急隊が駆け付けましたが、女性はその場で死亡が確認されました。

電車の乗客にけがはありませんでした。

警察によると、女性は50代と見られ、防犯カメラにはホーム上をふらふらと歩き通過中の電車に接触する姿が映っていたということです。

警察は女性の身元の確認を進めるとともに、事故と自殺の両面で調べています。