一体誰が…秋田市の民家の作業小屋で乳児3体分の人骨

秋田テレビ カテゴリ:地域

 16日の午後2時ごろ秋田市雄和種沢の住宅とつながった作業小屋で、2階にあった段ボールの中から人骨が見つかった。

 警察が司法解剖を進めたところ、生後間もない乳児3体分の人骨だったことが、17日にわかった。

 また人骨に着衣などは確認されていない。

 警察によると、この家には70代の男性と、ともに40代で妻と死別した息子と1児の母である娘が住んでいる。

 警察は死体遺棄事件の可能性もあるとみて調べを進めている。