発電の方法はいろいろ!親子連れが電力の仕組みを学ぶ

 このイベントは東北電力秋田支店が開いた。

 磁力での発電を学ぶブースでは子どもたちが電磁石を備えた釣り竿を使って、魚釣りに挑戦していた。

 また発電自転車を自分で漕ぐブースでは、制限時間内にどれくらいの電力を発電できるのかを体感していた。

 このほか風力や水力で発電する仕組みを学ぶブースもあり、主催した東北電力秋田支店は「秋田は自然エネルギーに恵まれている。そうした視点で故郷を見つめるきっかけにしてほしい」としている。