小型重機で早く災害救助を 消防と建設業者が訓練

テレビ新広島 カテゴリ:地域

土砂災害に備え、広島市消防局と地元の建設会社などが小型重機を使った救助訓練を行いました。

訓練は小型重機が必要な救助現場で、重機の操縦者と消防隊員の連携を深める目的で行われ、災害時に協定を結んでいる地元の建設会社の職員などが消防隊員に重機の扱い方を指導しました。

去年の豪雨災害でも入り組んだ住宅街など大型重機が入れない現場も多く、狭い道にも入れて小回りがきく小型重機の重要性が再認識されました。

【指導した建設業者(消防団員)】

「(手作業では)入れないところに重機が入っていって人をとにかく入れて早く探す。

そういった連携が取れればもっと早く色んな方を見つけることができると思う」

広島市消防局では今後も訓練を継続させ精度を高めていきたいとしています。