JR筑肥線に新駅 ”糸島高校前駅”開業 波多江駅と筑前前原駅の中間 地元の要望受け設置 福岡県

テレビ西日本 カテゴリ:地域

福岡県の西部を走る、JR筑肥線の波多江駅と筑前前原駅の中間に16日、糸島高校前駅が開業しました。

糸島市伊都の杜に開業した糸島高校前駅で16日朝、開業の式典が行われ、糸島市の観光大使で歌手の山内惠介さんが一日駅長に任命されました。

糸島高校前駅は、JR筑肥線の波多江駅と筑前前原駅の中間に位置します。

地元の自治体などが2011年からこの地区に新しい駅の設置を要望していて、駅舎の建設に必要な9億円は、国の補助を始め、寄付金や地元の負担でまかないました。

駅の周辺には商業施設や糸島高校があり、駅の南側は区画整理事業が行われていることから今後、人口が増えることが期待されています。

JR九州によりますと、1日2300人の乗車が見込まれているということです。