光と遊ぶ春のワンダーランド 技術を駆使した「魔法の美術館」が開幕 静岡・清水文化会館マリナート

光や映像を楽しむ現代アート展が、16日 静岡市清水区で始まりました。

これはテクノロジーを駆使したメディアアートを目や耳、手を使って体感してもらおうという企画展で、会場には13の作品が展示されています。

訪れた人たちは、カメラで撮られた顔が絵画のように変換される作品や、ビーズが光と風によって噴き出す作品など不思議な世界を楽しんでいました。

「魔法の美術館」は清水文化会館マリナートで4月7日まで開かれています。