五輪種目に挑戦 あの動物が…木やロープをするすると クライミングに挑戦  静岡・伊東市

テレビ静岡 カテゴリ:話題

東京オリンピックで新競技に加わるスポーツクライミング。

壁を登る距離やスピードを競うこの競技に挑戦しようと、日々練習を積んでいる「ある動物」が伊東市にいるそうです。

カラフルなホールドが設置されている飼育室。

これに挑戦するのが!「キンカジュー」の親子。

中南米に分布するアライグマの仲間です。

木やロープを、するすると登る姿は、潜在能力の高さを感じさせます。

が!なかなか壁を登りません。

撮影のために設置したカメラの方に関心があるようです。

と、一匹がジャンプクライミングスタート!他の2匹も後に続きます。

ホールドをがっちりと指でとらえ・・・・隠してあったリンゴもムシャムシャ。

余裕の表情です。

園がクライミングをさせるのは、キンカジューの体力や知力がとても優れていることを、来園者に知ってもらうため、ですが・・・

中村智昭園長「キンカジューもオリンピックの選手の一員として、と言うような期待で(ホールドを)付けてあります」。

園は「世界の頂点へ」と書かれたポスターも作成。

東京オリンピックにキンカジューが出るのは難しいかもしれませんが、3匹は日々練習を続けるそうです。

ちなみに、メキンカジューは夜行性で昼間は寝ていることが多いため、公開は夜間だけだということです。