8歳の長女にテレビリモコン投げつけた母親に罰金20万円の略式命令 鹿児島簡裁

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

8歳の長女にテレビのリモコンを投げつけてけがをさせたとされる、鹿児島県いちき串木野市の31歳の母親について、鹿児島簡易裁判所は15日、罰金20万円の略式命令を言い渡しました。

略式命令を受けたのは、いちき串木野市大里の飲食店従業員、高野沙織被告(31)です。

高野被告は2月5日、自宅で8歳の長女にテレビのリモコンを投げつけ、顔に全治1週間のけがをさせたとして傷害の罪で15日、略式起訴されました。

警察に寄りますと、高野被告は逮捕時、「リモコンは投げたが、けがをさせるつもりはなかった」と一部否認していました。

鹿児島簡易裁判所は15日、高野被告に罰金20万円の略式命令を言い渡しました。