「請求書来なかったから」1年9か月、約5万1000円相当の水道水を無断使用42歳男逮捕 札幌市

北海道文化放送 カテゴリ:地域

 料金滞納で止められていた自宅の水道の栓を無断で開け、1年9か月にわたり約5万円分の水道水を盗んだとして、北海道札幌市の会社役員の42歳の男が逮捕されました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、札幌市中央区の会社役員の42歳の男です。

 男は2017年5月から2019年2月まで自宅マンションの給水が止められていたにもかかわらず無断で栓を開け、1年9か月間に約5万1000円相当の水を使った疑いが持たれています。

 男は2012年11月に水道料金を6か月間滞納し、水道局から給水を止められていましたが、自ら栓を開けて使用していたとみられます。

 2017年5月に男の部屋のボイラーが故障し、修理業者に同行した水道局職員が水道メーターが動いていることを確認しましたが、当時は漏水の可能性も考えられ、再び給水停止措置をしました。

 しかしその後も男が水道を使い続けたとみられることから、13日逮捕されました。

 給水を止めるには、水道局がピットと呼ばれる専用の場所で止水栓を閉めるため、住人が栓を開けることは難しいと考えられますが、住宅工事関係に従事するこの男は、自ら工具を使い止水栓を開けて使用していたとみられていて、最長で6年3か月無断使用をしていた可能性もあります。

 水道局は水の供給を止めている間も2か月に1度水道メーターの確認に訪れていましたが、男はメーターがあるピットに鍵をかけて、検針できないようにしていたということです。

 調べに対し男は、「水道を使っていたことは間違いないが、請求書が送られてこなかったので払わなかった」などと話していて、警察が詳しく調べています。