アパートで母親の首絞め殺害 50歳男に懲役10年の判決「短絡的で身勝手」 函館地裁

北海道文化放送 カテゴリ:地域

 函館市のアパートで去年8月、当時69歳の母親の首を絞めて殺害したとして、殺人罪に問われている男に懲役10年が言い渡されました。

 函館市の無職、田名辺治被告(50)は、去年8月、函館市本町のアパートで、当時69歳の母親の首を両手で絞めて殺害したとして殺人罪に問われているものです。

 検察は裁判でギャンブルが原因で生活に困り、将来を悲観して犯行に及んだとして懲役12年を求刑。弁護側は、「母親を楽にしてあげようという突発的な犯行」として情状酌量を求めていました。

 14日の判決公判で、函館地裁の橋本健裁判長は「ギャンブルに依存して被害者を困らせることを悲観し、殺したことは筋違いも甚だしい。短絡的で身勝手な考えだ」と指摘し、懲役10年を言い渡しました。