15カ国語OK 外国人からの119番通報に対応 鹿児島・霧島市

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

鹿児島県霧島市は、旅行などで訪れた外国人が119番通報した際、15カ国語で対応する多言語通訳システムの導入を決め、来年度予算に盛り込みました。

通報者と消防本部の通信指令室、民間の通訳センターの3者が同時に会話出来る仕組みで英語や中国語のほか、タイ語やベトナム語、インドネシア語など15カ国語を24時間で対応します。

霧島市によりますと外国人の救急搬送はここ数年増えていて今年度はこれまでに16人を搬送しているということです。

導入にかかる年間予算は、21万8000円で、今月18日開会の市議会に提案されます。