入浴後にそば、ビール約5500円分を無銭飲食した無職の27歳男を逮捕 札幌市清田区

北海道文化放送 カテゴリ:地域

 2月12日、北海道札幌市の公衆浴場で、入浴後約5500円分のそばやビールなどを無銭飲食したとして、自称・函館市の無職の27歳の男が現行犯逮捕されました。

 詐欺の現行犯で逮捕されたのは自称・函館市上野町の無職の27歳の男です。

 男は2月12日、札幌市清田区清田2条3丁目の公衆浴場で、現金を持たずに入館し、入浴後、施設の中の飲食店でそばとビール、カフェラテなど11点、5500円相当を1人で飲み食いしていたとみられます。

 被害額は入館料と合わせて約6500円に上ります。

 この公衆浴場は靴箱の鍵を店に預けて入館し、退館の会計時に靴箱の鍵を受け取るシステムで、鍵があいたまま靴が入っている靴箱を不審に思った従業員が男に声をかけ、事態が発覚しました。男は、現金をほとんど持っていませんでした。

 警察は浴場のシステムを悪用した可能性もあるとみて、詳しく調べています。