入浴中の4歳の長女を洗面器で殴った疑い 26歳母親を逮捕 鹿児島

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

4歳の長女の胸などを洗面器で殴るなどしてけがをさせた疑いで霧島市の26歳の母親が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは霧島市国分清水2丁目の会社員 小路彩容疑者(26)です。

警察によりますと小路容疑者は12日、午後9時ごろ、自宅で入浴中だった4歳の長女の胸などをプラスチック製の洗面器で殴るなどして、あざが残る程度の全治2週間のけがをさせた疑いが持たれています。

きのう長女がけがをしているのを認定こども園の職員が見つけ、霧島市役所に報告し、その後、警察に通報したことから事件が発覚しました。

警察の調べに小路容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、現在、長女は児童相談所で保護されています。

霧島市役所では事件以前にも小路容疑者による長女への暴力に関する相談を認定こども園から受けていたということで、警察は日常的に暴力があった可能性を視野に調べを進めています。