【北海道の天気 2/14(木)】チョコっと我慢 厳しい寒さきょうまで 石狩市~南空知に活発な雪雲

北海道文化放送 カテゴリ:地域

 (吉井庸二気象予報士が解説) 午前11時50分現在

 ようやく、連日の寒さに終わりが見えてきました。

◆札幌の10日先までの予想最高気温

 きょうまでは、平年を大幅に下回る寒さが続きますが、あす以降徐々に気温が上がり、来週は連日プラスの気温が続きそうです。

 ということで、「バイバイ、連日の大変な寒さ、引退宣言? 冬将軍」バレンタインにかけてみました。

◆紋別の様子

 今の気温は-9.9℃。流氷が寒さをつれてきています。

◆14日の予想最高気温

 きょうまでは各地厳しい寒さが続きます。オホーツク海側は氷点下10℃前後、日中も水道管の凍結は注意をしてください。

◆14日午後の天気

 石狩市から南空知に活発な雪雲がかかっています。この後も、石狩市から北の日本海側で雪の強まる時間があるでしょう。札幌は北区や東区で雪が降りやすくなりそうです。

◆15日朝までの予想降雪量

 石狩北部や南空知、上川北部で最大15センチ。札幌も北区や東区では、10センチ前後降りそうです。

◆週間予報

 日本海側とオホーツク海側です。土曜日までは、道北中心にちらちらと雪が続きますが、日曜日以降は、雪の降る日も少なくなりそうです。来週はプラス気温となります。雪割などにも良さそうです。

 太平洋側です。土曜日は沿岸部中心に雪が降りますが、大雪になることは無いでしょう。来週は晴れる日が多く、日差しの暖かさが感じられそうです。雪解けの事故には注意をしてください。