解体目前の木造アパート全焼 「居住者なしも、電気は通っていた」

テレビ新広島 カテゴリ:地域

出火原因はまだ分かっていません。14日朝早く海田町で木造アパート1棟が全焼しケガ人はありませんでしたが現場近くのJR線に遅れが出るなど影響が出ました。

午前5時頃、海田町畝の木造アパートから煙が出ていると消防や警察に通報が相次ぎました。

消防車14台が出て消火にあたり、火は木造2階建てのアパート1棟、およそ200平方メートルを全焼して、1時間半後に消し止められました。

アパートは近く解体される予定で、居住者がいなかったためケガ人はいませんでした。

現場はJR山陽線のそばで火災の影響から三原と海田市間で上下線の運転が一時、見合わされ列車に最大50分の遅れが出ました。

警察と消防はけさから実況見分を行い、1階の室内が火元で不審火の可能性は低いと見ていますが出火原因の特定には至っていません。

出火当時、アパートの部屋は施錠されていて、アパートに電気が通っていたことが確認されています。