「“現職支援”の県議 自民会派に退会届 保守分裂の福岡県知事選挙

テレビ西日本 カテゴリ:地域

保守分裂となっている福岡県知事選挙への対応を巡って、自民党県議団の岳康宏県議が会派に退会を届け出たことを明らかにしました。

【岳県議】

「我慢の限界を超えた。

先ほど県議団に退会届を出してきました」

岳県議は自民党の山崎拓元副総裁の元秘書で、知事選を巡って党本部が、新人の武内和久さんを推薦する中、現職の小川知事を支援する構えを見せていました。

しかし12日の県議会で、自民党県議団の指名を受けて代表質問に立ち、「リーダーシップが欠けている」などと、小川知事を痛烈に批判し、関係者からは「踏み絵」だとの指摘もあがっていました。

岳県議は「自身の信念を貫きたい」として14日、自民党県議団に退会届を提出したことを明らかにしました。

岳県議は「麻生副総理のようにメンツにこだわるのではなく、県民の声なき声を聞きたい」と話し、知事選を巡る情勢は混迷を深めています。