返礼品「アマゾン」の町 4月から給食無料に 「ふるさと納税で子育て支援を充実」 静岡・小山町

テレビ静岡 カテゴリ:地域

子供たちの給食について小山町は、幼稚園と小中学校の給食費の無償化を盛り込んだ新年度予算案を公表しました。

給食費の無償化は県内初、財源はふるさと納税です。

園児 「いただきます」

子供たちがおいしそうに食べる給食。

小山町は4月から給食費を無償化すると発表しました。

小山町の給食費は、年に1人あたり小学校では約4万8000円、中学校では約5万8000円。

対象は町内の幼稚園から中学校に通う約1550人で、7800万円を新年度予算案に計上しました。

給食費を無料にするのは県内の自治体で初めてです。

園児の保護者 「(子供の)人数が多いほど授業料だけでなく給食費も無料になると経済的に助かる。将来的にも教育費とかお金がかかると思うので、そういう所にまわせたらいい」

小山町と言えばアマゾンギフト券などをふるさと納税の返礼品にして総務省からイエローカードを突きつけられました。

給食費無償化の財源は、そのふるさと納税です。

寄付金を基金に積み立て財源にあてる計画ですが小山町はなぜ無償化に踏み切ったのでしょうか。

長田忠典 教育次長 「子育て支援を充実させる意味で、小山町が住みやすい町ということをアピールしたい」

小山町は子育て世代に給食費の無償化をアピールし移住や定住を促進したいとしています。