車内から女性の遺体 義理の息子を死体遺棄容疑で逮捕 鹿児島

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

去年11月、鹿児島市の路上で車内から女性の遺体が見つかった事件で、警察は女性の義理の息子にあたる37歳の男を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、鹿児島市平川町のトラック運転手、北川真吾容疑者(37)です。

警察によりますと北川容疑者は去年11月4日の夜、鹿児島市南栄5丁目の市道で義理の母にあたる鹿児島市和田2丁目の西野郁子さん(当時61)の遺体を軽自動車の中に遺棄した疑いがもたれています。

警察は北川容疑者の認否について明らかにしていません。

事件は家族からの捜索願を受けて行方を探していた警察官が現場に停めてあった西野さんの車の中から西野さんの遺体を見つけ発覚しました。

捜査関係者の話によりますと、西野さんの首には絞められたような痕があり死因は、窒息死でした。

警察は殺人事件として延べ8300人を投入し、西野さんの遺体を遺棄した容疑が固まったとして北川容疑者の逮捕に至りました。