鹿児島県肝付町が豚コレラ対策で消石灰配布

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

今月13日にも愛知県で新たな感染が確認された豚コレラの侵入を防ごうと肝付町は養豚農家に消毒用の消石灰を配布しました。

豚コレラは感染力が強い豚やイノシシの伝染病で、愛知県や滋賀県など全国の5府県で感染が確認されています。

肝付町は町内で養豚業を営む農家を対象に一戸あたり100キロの消石灰を配布しました。

今回、流行している豚コレラは感染してから30日前後で死ぬ場合があり感染に気がつきにくいということで、役場の職員は「目やにや食欲不振など気になることがあればすぐに連絡して」と呼び掛けていました。