高層タワー型マンション建設 「高さ下げる検討を」 駅前開発で市が方針示す 静岡・三島市

テレビ静岡 カテゴリ:ビジネス

三島駅南口の再開発事業について、12日夜に市民説明会が開かれ、市はタワー型マンションについて「高さを下げることを検討する」考えを示しました。

南口東街区では、三島市や企業体が、高層タワー型のマンションや商業施設の建設に向けた計画を進めていますが、市民から高層タワーに反対する意見や、高さに配慮を求める声が出されています。

12日夜の説明会で、市はタワーの高さについて見直しを検討する方針を示しました。

市担当者「高層建築物に違和感を持っている方がいることに配慮し、高層タワー棟の高さを下げることを検討していきます」。

市は「企業体や地権者と高さを下げることを前提に計画案を作る」としていて、2020年度中に、施設の規模などを含めた都市計画を決定させたい考えです。