子ども食堂・鹿児島県が積極支援へ

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

鹿児島県内40数カ所に広がっている子ども食堂への支援のあり方を検討する会議が12日、県庁で開かれ、広報活動や人材の確保に県がより積極的に関わることなど具体的な支援内容が示されました。

貧困や家庭の事情で、満足に食事がとれなかったり、1人で食事をしたりする子どもたちに食事を提供する子ども食堂。

鹿児島県内では現在、40数カ所で子ども食堂が運営されていて増加傾向にあります。

会議には子ども食堂の代表者や支援を行っている企業のメンバーら20人が参加しました。

会では子ども食堂が抱える課題について話し合われ、県から具体的な支援案が示されました。

この中では子ども食堂の開催を広報する方法として県のメールマガジンや子育て支援パスポートを活用することや、食材や人材を確保するために県のホームページで子ども食堂と支援企業やボランティアのマッチングを行うことなどがあげられています。

県はこれらの支援案を来年度予算に計上し、子ども食堂への支援を具体化したい考えです。