“あおり運転”でバイクに追突、大学生を殺害した罪に問われた被告「殺人というストーリーにはめられた」

関西テレビ カテゴリ:地域

大阪府堺市で去年、あおり運転の末バイクに追突し、男性を殺害した罪に問われた男の裁判が、15日、始まります。男は関西テレビの取材に「わざとぶつけていない」と話しました。

中村精寛被告(40)は去年7月、堺市南区で車を運転中、バイクに割り込まれたことに腹を立て、クラクションやパッシングなどの「あおり運転」を開始しました。

さらに時速約96キロでわざと追突し、大学生の高田拓海さん(22)を殺害した罪に問われています。

ドライブレコーダーには追突直後、「はい。これで終わり」と言う中村被告の声が残っていました。

中村被告は去年、拘置所で関西テレビの面会に応じ、「わざとぶつけてはいない。『はい。終わり』と言ったのは、自分が飲酒運転で事故をしたので、『自分の立場や生活が終わった』という意味だった」と説明しました。

また、事故について謝罪を口にしたものの、「『あおり運転』が社会問題になる中で、殺人というストーリーにあてはめられている」などとも話しました。

裁判員裁判は15日から始まり、中村被告に殺意があったかどうかが争点になります。