【北海道の天気 1/14(月)】あす夜~金曜日まで嵐続く。今週が天気の正念場!

北海道文化放送 カテゴリ:地域

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後5時45分現在

◆けさの冷え込み

 けさは今季一番の低い気温になりまして、42地点で氷点下20℃以下となりました。

 一番下がったのが、旭川市江丹別で氷点下29.8℃、富良野市でも氷点下28℃まで下がりました。

◆流氷を観測

 網走市の天都山から見た海の風景ですが、白い帯状の流氷がうっすらと見えます。

 きのう、網走の地方気象台で流氷初日、平年より8日も早い観測となりました。

◆今週は嵐が続く

 低気圧が北上してきて、北海道付近で発達します。南風が強まっていきます。

 そしてあすの夕方以降は暴風、そして天気も崩れます。南風なのでボタボタの湿り雪が吹雪いてきそう。

 天気のポイントは、特に明日の夜、天売島・焼尻島では暴風に警戒レベルとなりそうです。

 あすの夜から荒れるんですが、嵐は長引いていきます。あすの夜~金曜日まで、猛吹雪のエリアは変わりますが

 4日間にわたって嵐が続いていきますので、今週が天気の正念場となっていきそうです。

◆札幌・区ごとの予報

 あすは夕方以降は風も強まって湿り雪となっていきそうです。着雪による停電にご注意ください。

 新千歳空港では、夜は飛行機の乱れにつながる可能性もあります。

 日中はいったん気温が上がりますが、夜はツルツル路面にもお気を付けください。

◆週間予報

 あすの夕方からお天気崩れまして、水、木、金曜日と荒れそうですが、旭川や稚内では水、木曜日、猛吹雪の可能性があります。

 札幌は金曜日に積雪が一気に増える可能性があります。

 太平洋側と道東は極端に雪の量は多くならないですが、凍結路面にご注意ください。

 特にあすは函館ではプラス5℃まで気温があがりますが、翌朝は氷点下5℃まで下がっていきそうです。

 強い風、高い波は続いていきそうです。