立ち上る炎・煙に手を合わせ…無病息災祈願 北海道神宮で「古神札焼納祭」 札幌市

北海道文化放送 カテゴリ:地域

 札幌市の北海道神宮では、正月飾りなどを祓い清めて燃やす「焼納祭」が行われ、参拝客は今年1年の無病息災を願いました。

 14日、北海道神宮で行われた「古神札焼納祭」は、前の年に身に着けたお守りや正月飾りなどを祓い清めて燃やす神事で、どんど焼き、どんと焼きとも呼ばれています。

 神職が高く積み上げられた正月飾りなどを祓い清め、火がつけられると、参拝客は立ち上る炎と煙に手を合わせ、この1年の健康や家内安全を願っていました。

 「健康な1年であればいいかな。子どもの成長と仲良くね仲良く3人でやっていきたい平和な1年になれば、それが一番」