【北海道の天気 1/14(月)】 今日も寒さ厳しく…旭川や富良野で-6℃

北海道文化放送 カテゴリ:地域

 (吉井庸二気象予報士が解説 午前11時45分現在)

 今朝は冷え込みました。旭川市江丹別で、氷点下29.8℃を観測したほか、旭川市内でも氷点下21.1℃。道北を中心に、51地点で今季一番の冷え込みになりました。

 そして、オホーツク海側には、冬の使者が早くも到来です。けさ、網走市内から撮影された流氷です。きのう、網走地方気象台は、陸から流氷が確認できたとして流氷初日を発表しました。

 あすは、南風が吹いて、流氷はやや離れる傾向にありますが、今週後半は再び近づきそうです。

 ◆午後の天気です。

 午後は西から雲が広がりますが、雪は、稚内や江差で降ってもちらつく程度となります。あす朝にかけて、多い所でも5センチとなりそうです。

 ◆予想最高気温

 旭川や富良野は、氷点下6℃で、日中も寒さが厳しいでしょう。札幌は氷点下2℃。江差や函館は、プラス1℃から2℃まで上がりそうです。

 きょうは、穏やかな天気ですが、今週は荒れる日もありそうです。

 ◆今週のポイント

 あすは、南風が吹いて、気温が上がります。道南では、雨の降る所もありそうです。水曜日と木曜日は、北西の風が強く、日本海側を中心に大雪やふぶきとなるおそれがあります。金曜日は、札幌・千歳でも雪が強まる可能性があり、注意が必要です。

 ◆週間予報です。

 日本海側とオホーツク海側です。あす日中はプラスの気温まで上がり、湿った重い雪が降るでしょう。水曜日と木曜日は、道北を中心に雪や風が強く、荒れた天気となりそうです。土日は、風や雪は弱まります。知床方面は、流氷が接岸するところもあるかもしれません。

 太平洋側です。あすは、道南は夕方ごろから雨の降るところがあるでしょう。路面状況も悪くなるので、車の運転は注意が必要です。気温の変化が大きくなります。体調の管理にも注意をしてください。