3歳の息子を殴った疑いで中学校教諭の男逮捕 鹿児島県

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

3歳になる息子の顔を殴るなどしてけがをさせたとして、公立中学校の教諭の男が傷害の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、志布志中学校の教諭で霧島市国分中央1丁目の野路博樹容疑者(48)です。

警察によりますと、野路容疑者は先月30日午後9時半ごろ、自宅で、3歳になる息子の顔を手で殴るなどして、全治2週間のけがをさせた疑いが持たれています。

今月10日に霧島市の職員が野路容疑者の家を訪問したところ、息子の顔にあざがあったことから、事件が発覚しました。

野路容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

警察は、野路容疑者が息子に対し、日常的に暴行を加えていたとみて、動機などを調べています。