参院選 野党共闘で大筋合意 鹿児島県

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

今年夏の参議院議員選挙に向け、県内の4つの野党と市民団体は共闘を進めることで大筋合意しました。

今年夏の参院選には自民党現職の尾辻秀久さん、共産党の県議会議員、松崎真琴さん、国民民主党の常任幹事、合原千尋さんの3人が出馬を表明しています。

この会議は、野党が分裂して参院選に臨む構図となっていることを受け、統一候補擁立を目指す市民団体ALLかごしまの会が呼びかけて開催されたものです。

会議は非公開で、ALLかごしまの会によりますと、今回は「政策協定に賛同した政党や市民なら、誰でも参加できる選挙態勢を作る」など、共闘する上での三原則が大筋で確認されました。

具体的な候補の一本化については「中央レベルでの確認が必要」として次回以降に持ち越しとなりました。

このほか統一候補擁立に向けた有権者の機運を盛り上げるために、タウンミーティングを開催することなどで合意したということです。