無資格の事務員を法律事務所に派遣し在宅起訴されたコンサル会社 司法書士事務所にも派遣していた

関西テレビ カテゴリ:地域

弁護士事務所に資格がない事務員を派遣し法律事務をさせたとして在宅起訴された会社が、司法書士事務所にも事務員を派遣していたことがわかりました。

コンサルタント会社「HIROKEN」の役員とされる山本健二被告(34)は弁護士資格がない従業員をあゆみ共同法律事務所に派遣し、債務整理などを請け負いおよそ250万円の報酬を得た罪に問われています。

あゆみ共同法律事務所の弁護士・高砂あゆみ被告(33)ら2人もこの行為に名義を貸した罪で6日、大阪地検特捜部に在宅起訴されています。

捜査関係者への取材でHIROKENは他の司法書士事務所にも資格のない事務員を派遣して債務整理などの業務をさせていたことが新たに分かりました。

司法書士が債務整理で扱える債権額には限度があり、それを超えた場合にあゆみ共同法律事務所が仕事を請け負っていたということです。