上空に強い寒気 広島市内でも初雪

テレビ新広島 カテゴリ:地域

庄原市西城町ではけさの最低気温がマイナス2度と

この冬一番の冷え込みとなりました。

標高830メートルの県民の森スキー場では

およそ5センチの積雪を観測しゲレンデなどが薄く雪化粧しました。

こちらのスキー場では去年より20日遅い雪となりましたが、

今月16日のオープンに向けて冷え込みが続く事を期待しています。

【県民の森スキー場 職員】

「昨日の夜から雪が降り始めて今朝になって積もりました」

「予約もしっかり入ってきてますので(雪を)期待してます。

 例年どおりであれば助かりますね」

気象台によりますと県内各地の最低気温は

庄原市高野で氷点下2・3度、神石高原町油木で氷点下1・8度、

広島市中区で3・8度と日中もほとんど気温が上がりませんでした。

広島市内でも平年に比べ3日早く

初雪が観測されたということです。

広島県では上空およそ1500メートルに氷点下9℃の寒気が

流れ込んでいる影響で明日も山間部を中心に雪が降る見込みです。

車を運転する場合は冬用タイヤやチェーンを装着するなど

積雪や路面の凍結に十分注意する必要があります。