5歳男児の腹を蹴った疑い 九大准教授の37歳男を逮捕 秋祭り「放生会」会場近く 福岡市

テレビ西日本 カテゴリ:地域

16日夜、福岡市の筥崎宮で開かれている秋祭り「放生会(ほうじょうや)」の会場近くで、5歳の男の子の腹部を蹴った疑いで、九州大学准教授の37歳の男が現行犯逮捕されました。

暴行の現行犯で逮捕されたのは、福岡市南区弥永に住む九州大学准教授の宮沢健介容疑者(37)です。

警察によりますと、宮沢容疑者は16日午後7時15分ごろ、福岡市東区箱崎1丁目の路上で、家族と「放生会」に来ていた5歳の男の子の腹部を膝蹴りした疑いです。

宮沢容疑者が男の子とすれ違う際に近づいてきて、しゃがみこむ形で膝蹴りしたため、男の子の父親が取り押さえたということです。

調べに対し宮沢容疑者は、「子供に気付かなかった。何かに当たったのは間違いないが、わざと蹴ろうと思ったのではない」と容疑を否認していて、警察が詳しい経緯を調べています。

(画像:9/12の「放生会」のようす)