「支えあい、元気な北海道を」 稲葉篤紀さん 避難している人にファイターズユニフォームをプレゼント

北海道文化放送 カテゴリ:地域

 北海道日本ハムファイターズのスポーツコミュニティオフィサーで侍ジャパン監督の稲葉篤紀さんが北広島の避難所を訪れ、避難している人を激励しました。

 避難所となっている北海道北広島市の大曲会館には、現在22人が避難しています。

 初めに稲葉さんが直接、避難している一人一人にファイターズのユニフォームを手渡しました。

 稲葉さんが、写真撮影やサインに応じると避難していた人の顔に笑みがこぼれました。

 避難している人:「(サインも)いただきました。名前も覚えてもらいました」「元気もらいますよね。うれしかったです」

 稲葉篤紀さん:「一日でも早い復旧復興を願って、来た。みんなで支えあい、元気な北海道をとり戻せるよう一緒に頑張りましょう」