濃厚な秋の味 尾道でイチジク出荷

テレビ新広島 カテゴリ:地域

秋の味覚・イチジクの出荷が県内一の産地、尾道市で本格的に行われています。

JA尾道市の選果場には収穫されたばかりのイチジクが運び込まれ、職員たちが色や大きさなどをチェックします。

尾道は、およそ310の農家がイチジクを栽培していて、県内の生産量の7割以上を占める県内一の産地です。

栽培されているほとんどが蓬莱柿と呼ばれる品種で、ほどよい酸味のある甘さが人気です。

今年は豪雨の後に雨が少なかった影響で、例年より濃厚で甘みの強いイチジクに仕上がったということです。

【JA尾道市いちじく部会・高橋泰登部会長】「降雨が少なかったんで本当おいしい濃厚なイチジクが出来ておりますみなさん是非食べて頂きたいと思います」

尾道特産のイチジクの出荷は11月上旬まで続き、出荷量350トンを目標にしています。