土砂災害の団地でドローン調査 住民に説明

テレビ新広島 カテゴリ:地域

7月の豪雨災害で土砂崩れがおきた広島市安芸区の住宅団地で、ドローンに携わる業界などが山の斜面の詳細な調査を行い、住民に説明しました。

きょう安芸区矢野東で行われたドローンを使った調査には、ドローンシティ協会や日本防災教育振興中央会、広島工業大学の教授などが参加しました。

これは、行政による調査がなかなか進んでいないとの地元住民からの声を受けて、ボランティアで行ったものです。

ドローンを使うことで航空写真ではわからない細部まで確認することができます。

【日本防災教育振興中央会仲西宏之代表理事】

「なずは現状をきちっと分かっていただいて、今はまだ危機が残っているということを皆さんにお伝えしたかった」

午後からは調査の結果が住民に説明され、山の斜面には大きな岩石や土砂などが残っている場所があると明らかにされました。

【住民ON】

「航空写真ではわからないようなところも崩れた所が発見できたりして、改めてやっぱり危ないな、ちゃんと回りに呼びかけていかないといけないなと感じることができた」

調査団はきょうの調査結果を行政に報告し、より具体的な調査と対応を求めていくということです。