福山・沼隈産のぶどう こだわりジュースの仕込み作業

テレビ新広島 カテゴリ:地域

福山市沼隈町では、特産のブドウを使った、ぶどうジュースの仕込み作業が始まりました。

ジュースに使われるのは、沼隈産のぶどう「ニューベリーA」です。

「ぬまくま夢工房」の作業場ではスタッフが、房から一粒ずつ外してつぶした実を大鍋で煮立てます。

これを、機械にかけると鮮やかな紫色の果汁が流れ出し工房に甘い香りが広がります。

砂糖や水は一切加えない果汁100%。

こだわりのブドウジュースです。

【ぬまくま夢工房・中島基晴代表】

「色や香り、艶もありますし甘みや酸味のバランスが非常にいい仕上がりになりました。

皆さんで楽しんで頂いて沼隈ぶどうをもっと多くの人に知っていただきたいと思います」

完成したジュースは、道の駅やインターネットで販売されますが、既に300本の予約が入る人気だということです。