滋賀・草津市の死体遺棄事件 別の場所で切断して遺棄か

関西テレビ カテゴリ:地域

11日、滋賀県草津市の排水路などで切断された遺体が見つかった事件で、遺体は別の場所で切断されたとみられることが分かりました。

11日、草津市志那町の農業用の排水路で、首や両腕などが切断された人の胴体だけが見つかりました。

その後、約350メートル離れた川の斜面で、同一人物とみられる腰からひざまでの部分など遺体の一部が複数見つかりました。

また、警察のその後の調べで、現場周辺には目立った血痕がなく、遺体は別の場所で切断されたとみられることが分かりました。

警察は、死体遺棄事件として司法解剖を行い死因の特定などを進めるともに、まだ見つかっていない遺体の一部の捜索を行っています。