小学校で”プログラミング”必修へ 情報通信の仕組みを楽しく学ぶ 福岡県

テレビ西日本 カテゴリ:地域

インターネットやプログラミングなど、情報通信の仕組みを楽しく学んでもらおうというイベントが福岡市で開かれました。

このイベントは情報通信サービスに関する理解を深め、インターネットや携帯電話などを安全に利用してもらおうと、NTTグループが毎年開いているもので、小学生およそ30人が参加しました。

会場では2020年度から小学校で必修科目となるプログラミングの体験をはじめ、光ケーブルの配線体験のコーナーなどが設けられました。

【参加者】

「光ファイバーケーブルがどういうものにつながったり、どういう役割をしているかとかが、少し分かりました」

このほかスマートフォンと連動した特殊なメガネを使って仮想現実、VRの街中を見学するなど、子供たちは様々な機能を試していました。

主催者はこういった機会を通じて情報通信サービスに興味を持ち、便利な機能をうまく使ってもらえればと話していました。