体長約30メートルの恐竜の復元骨格も 巨大化の謎にせまる「メガ恐竜展」 福岡県

テレビ西日本 カテゴリ:地域

数十メートルの巨大な恐竜の骨格を復元した模型などで、恐竜の大きさを実感できる展示会が、北九州市で開かれています。

こちらは体長30メートルあまり、ヨーロッパで見つかった化石としては最大級の、トゥリアサウルスの復元骨格です。

北九州市小倉北区の西日本総合展示場で開かれているメガ恐竜展では、巨大な恐竜の復元模型や実際の骨など、およそ150点が展示されています。

陸上で最も大きく進化した竜脚類と呼ばれる恐竜が、巨大化した理由などを学べるとともに、実物大の迫力を感じることができます。

【来場者】

「ティラノサウルスがかっこよかった。

小型でも相当大きいのがたくさんいたのでびっくりした。

昔はこんなに大きいのがたくさんいたんだなと思った」

この展示会は来月2日まで開かれています。