豪雨で国道崩落 大阪府・松井知事が能勢町を視察

関西テレビ カテゴリ:地域

大阪府の松井知事が西日本豪雨で被災した大阪府能勢町を訪れ、崩落して通行止めが続いている国道などを視察しました。

松井知事は13日、能勢町にある国道173号の崩落現場を訪れ、府や町の担当者から現場の状況などについて説明を受けました。

【現場担当者】

「1年くらい、復旧にはかかるだろうと…」

国道173号は先週の豪雨の影響で約30mにわたって崩落し、現在も通行止めが続いていて、復旧のめどは立っていません。

【松井知事】

「人命にかかわることだから、大阪府が主体的に、中心となって復旧を目指していく」

能勢町では土石流も発生していて、松井知事は「迂回路の整備を進めるとともに、二次災害を防ぐため早急に土砂を撤去する」と話しました。