「年々さみしさ増す」 小樽飲酒ひき逃げから4年 悲しみの一方でまた飲酒事故が…66歳女逮捕 北海道

北海道文化放送 カテゴリ:地域

 北海道小樽市銭函で海水浴帰りの女性4人が死傷した飲酒ひき逃げ事件から7月13日で4年です。

 現場が悲しみに包まれる中、旭川市では酒気帯び運転の女が逮捕されました。

 死亡した瓦裕子さんの母 明子さん:「2、3日前から胸が痛くなる。4年たったけど、きのうのことのようにいろいろなことが思い出される。年々さみしさが増してきた」

 2014年7月13日。海水浴帰りで歩いていた女性4人が飲酒運転の男の車にはねられ、原野沙耶佳さん、石崎里枝さん、瓦裕子さんが死亡しました。

 13日朝、現場を訪れた瓦さんの母・明子さんは、苦しい胸の内をにじませました。

 一方、12日夜、旭川市で市内の清掃作業員・伊藤美弥子容疑者(66)が酒気帯び運転の現行犯で逮捕されました。

 伊藤容疑者は単独事故後、居酒屋に入ろうとしていて、呼気からは基準の3倍近くのアルコールが検出されました。