「全力で被災者の支援に」 北九州市が災害復旧本部会議 福岡県

テレビ西日本 カテゴリ:地域

豪雨による山崩れで2人がなくなるなど、大きな被害が出た北九州市で、災害復旧本部の会議が開かれました。

午前9時半から開かれた北九州市の災害復旧本部の会議には、市長を始め、およそ40人が出席しました。

会議では全ての区役所に開設した、罹災証明や災害ごみ処理など被害に関するさまざまな相談を1カ所で受け付ける総合相談窓口を、来週も引き続き開くことが報告されました。

また、この週末の3連休で大勢の市民があと片付けにあたるとみられるため、祝日の16日月曜日に臨時で災害ごみを収集するほか、13日から市の負担で被災した住宅の消毒を始めるということです。

北橋市長は「各部署が連携し、全力で被災者の支援にあたってほしい」と指示しました。