陥没の国道201号線 仮復旧 通行止め解除 福岡県

テレビ西日本 カテゴリ:地域

今月6日の豪雨で、道路が陥没したため飯塚市と糸田町の区間で、全面通行止めになっていた国道201号線が仮復旧し12日朝、6日ぶりに通行止めが解除されました。

通行止めが解除されたのは国道201号線の飯塚市二保から糸田町の区間で、12日午前7時に通行止めの看板が撤去されました。

この区間では今月6日の大雨で、国道201号線・筑豊緑地前交差点周辺で1車線が陥没し、車2台が落下。

男性2人が病院に搬送されました。

九州地方整備局が24時間体制で、陥没した道路に土のうを埋めるなどの復旧作業を行い、11日完了したということです。

【記者】

「もともと3車線あった道路のうち、陥没した1車線はブルーシートで覆われていて、2車線の道路として復旧しました」

【ドライバー】

「通れなかったので不便さはあった

思ったよりひどかった(復旧が)早かった」

九州地方整備局は今後、地質調査などを行い、道路を元に戻す作業を進めていく方針です。