特殊詐欺グループを摘発 男3人を逮捕

関西テレビ 地域

大阪市内の民泊を活動の拠点にしていた特殊詐欺グループが摘発され、男3人が逮捕されました。

詐欺未遂の疑いで逮捕されたのは、いずれも住所不定の曲田憲司容疑者(29)、自称・須藤駿容疑者(20)、伊澤隆容疑者(27)の3人です。

3人は13日、大阪府岸和田市に住む80代の男性に電話をかけ、孫になりすまして「株に手を出して失敗してしまった。会社に1500万円の借金があり返すように言われている」などと告げ、750万円をだまし取ろうとした疑いが持たれています。

13日午後に警察が拠点の民泊を捜索し、部屋から約50台の携帯電話や、約5万7000人分の名簿などが押収されました。

名簿には高齢者の電話番号が載っていて、警察は組織の解明を進めています。