「レンタル彼女」架空求人 男に有罪判決

関西テレビ 地域

「レンタル彼女」の求人に応募した女性を風俗店に紹介した罪に問われた男に、執行猶予付きの有罪判決が言い渡されました。

会社役員の中井賢吉被告(46)は、交際相手を演じる「レンタル彼女」の架空の求人広告を出し、応募してきた女性3人を風俗店に紹介した職業安定法違反の罪に問われています。

これまでの裁判で中井被告は起訴内容を認める一方、「広告は架空ではなく風俗店に紹介する目的はなかった」と主張していました。

13日の判決で大阪地裁は中井被告の関連会社が同じようなことを事業として継続的に行っていた事などから、「中井被告も風俗店に紹介する目的を隠しての求人と認識していた」としました。

その一方で、会社を解散するなど再発防止策を講じているなどとして中井被告に懲役2年・執行猶予4年を言い渡しました。