交際相手殺害の男に奈良地裁が懲役17年の判決

関西テレビ 地域

去年、奈良県斑鳩町の飲食店店員の女性を殺害し遺棄した罪などに問われた男の裁判で、奈良地方裁判所は懲役17年を言い渡しました。

広島県福山市の元飲食店店長、染井俊一被告(38)は去年10月、奈良県斑鳩町の同じ飲食店で働いていた田島友美さん(当時35)の首を絞めて殺害、広島県呉市の親族の家まで遺体を運び、床下の貯蔵庫に遺棄した罪などに問われていました。

これまでの裁判で染井被告は起訴内容を全て認めていて、検察は「交際相手だった被害者と別れる際、被害者の言葉に激高し殺害した。」として懲役20年を求刑していました。

17日の判決で奈良地方裁判所の西川篤志裁判長は、「強固な殺意に基づく犯行」「動機が理不尽で自分本位であり厳しい非難に値する」と指摘し、染井被告に懲役17年を言い渡しました。